東北の復興・新生を目指して

被災地に存在する高等教育機関、仙台市、宮城県、並びに県内の自治体等と協力して4つの事業を推進し、未曾有の大震災からの復興に寄与します。

復興人材育成教育コース

目的
地域の復興に関わりつつ学び、コースを修了し、各大学を卒業した後、災害時などの未知の問題に柔軟かつ迅速に現場で対応でき、日本全国さらには世界各地の新生を担うリーダーとして活躍できる人材を育成する。
事業内容
復興の政治学から経済学、社会学、思想、生活構築学および科学技術までの普遍的に応用可能な幅広い教育内容を実施することにより、人間・社会・技術などに関する重要なテーマの基本的素養と広い視野を育成する。座学のみでなく現場でのフィールドワーク、復興をめぐる学生同士の議論等を取り入れる中で、社会の諸課題に主体的に取り組む姿勢をも涵養する。
事業計画
学都仙台コンソーシアムの単位互換制度に基づき、加盟大学の“学生” を対象とした教育コースを開講する。コース科目は「復興の政治学」、「復興の経済学」、「復興の社会学」、「復興の思想」、「復興のための生活構築学」および「復興の科学技術」の6科目とし、各科目の単位認定は、所属する大学の取扱いに応じて所属大学において行う。復興に向けた大学の役割への期待に応えるべく、本コース科目のエッセンスを取り入れた一般市民向け「復興大学公開講座」を実施する。本コースの事業内容等を迅速にWebページ等にて公開するなど、情報を発信し、被災地の復興・新生に寄与する。
復興人材育成教育コースとは

 コーディネーターおよび専門委員